Home > hiroの毎日奮闘記 > ル・コルビジェ LC7

ル・コルビジェ LC7





ル・コルビジェ LC7 回転椅子
メーカー希望価 ¥118,800(税込み)
↓  ↓  ↓
店 販売価 ¥65,300(税込み)

サイズ
幅620mm 奥行き560mm 高さ715mm 座面高さ500mm

材質
○シート
イタリア製本牛革

○クッション
モールドウレタンフォー
高密度ウレタンフォー
ポリエステルシート
ポリエステル綿

○脚部
ステンレスパイプ鏡面磨き仕上げ

○色柄
黒/black 白/white 赤/red ベージュ/beige 茶/brown
(赤/ベージュ/茶はオーダー発注になりますので、2〜3ヶ月待ちとなります。)

※本製品は革のランクを指定する事ができ、指定されますと記載されている価 と異なる 合がございます。
※大阪府内配達、設置料無料!!
※メーカーの在庫が 品状態の 合、次の入荷待ちとなります。
LC7は、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン、ル・コルビジェによって 1928年製作されました。現代のオフィスチェアが、さまざまな機能や 材を用いてすわり心地や新規性をアピールしているものに比べて非常にシンプルな「回転椅子」です。コルビジェのピューリズ 運動に傾倒していたコンセプトからもわかるように「垂直・水平・直角・回転」を表現しています。

コルビジェたちのエスプリをこの無骨さから存分に感じ取れるデザインと言っていいかもしれませんね。決して座りやすいとはいえないデザインですが時間がゆったりと過ぎてゆく空間に身を置いている贅沢感が楽しめるというところがポイントでしょうか?

肘部分のクッションにモールドウレタンフォー を採用しています。ジェネリック製品として、ステンレスの高い技術の 工・仕上げと一緒にまた一つ、満足いた ける品質がお届けできるようになりました。


Le Corbusier ル・コルビジェ
スイス 1887-1965
本名:シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)

1887年にスイス生まれ、画家・建・家具デザイナーとして活躍し、20世紀を代表する世界3大巨 建築家としても有名です。 地元美術学 で懐中時計の彫金工になるために学び、1907年にコルビュジェの才能を見い した 長のシャルル・レプラトゥニエの勧めで建築家のルネ・シャパラと共に最初の住宅の設計を手がけ、コルビジェの建築家としての第一歩が始まります。1925年にパリ改 計画案を発表し多くの設計分野でも名が広く、2006年、コルビジェにより設計され1960年に着工されたサン・ピエール教会 が46年のときを経て開かれ、コルビジェ建築は、ユネスコの世界遺産に登録しようという動きがフランスを中心に起こっています。

Home > hiroの毎日奮闘記 > ル・コルビジェ LC7

プロフィール
Profile ニックネーム:hiro
性別:男性
誕生日:1979年8月3日
血液型:A型
出身地:大阪
E-Mail:info@stylish-furniture.jp

Page Top