Home > hiroの毎日奮闘記 > ル・コルビジェ LC1

ル・コルビジェ LC1





ル・コルビジェ LC1 スリングチェア PVC
メーカー希望価 ¥73,500(税込み)
↓  ↓  ↓
店 販売価 ¥40,400(税込み)

ル・コルビジェ LC1 スリングチェア レザー
メーカー希望価 ¥106,800 (税込み)
↓  ↓  ↓
店 販売価 ¥58,700(税込み)

ル・コルビジェ LC1 スリングチェア ポニースキン
メーカー希望価 ¥132,300(税込み)
↓  ↓  ↓
店 販売価 ¥72,700(税込み)

サイズ
幅600mm 奥行き640mm 高さ640mm 座面高さ340mm

材質
○シート
PVC/レザー/ポニースキン

○脚部
ステンレスパイプ 鏡面磨き仕上げ

※大阪府内配達、設置料無料!!
※メーカーの在庫が 品状態の 合、次の入荷待ちとなります。

コルビジェのLC-1 バスキュラントチェアは、コルビジェが建築に対して抱いていた概念をそのまま盛り込ん 作品といえます。水平・垂直・直角・回転(背・肘)という要 を含んでいてポニースキン(毛皮)は、目の方向まで計算し作られた作品です。
この椅子もチャーチ邸の為に作られたデザインで、コルビジェは、後にLCシリーズの量産化へ向けてプジョー社へ依 に行ったのですが、30分で決裂した逸話も残っています。結局、曲げ木家具で有名なトーネット社が生産を請け う事になったのです。椅子の基本形は、その の既成の椅子からヒントを得たとされていますが、完成度を高めアトリエの所員であるペリアン達との理想を追求した仕事振りがうかがえる作品です。

背もたれ部分は左右の軸を中心に回転して角度が自由に変わり、座る人の背中を確実に支えます。肘部のベルトは耐久性を考慮しPVCになっており、適度にたわみ、スリングの名に恥じない弾力を持っています。


Le Corbusier ル・コルビジェ
スイス 1887-1965
本名:シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ(Charles-Edouard Jeanneret-Gris)

1887年にスイス生まれ、画家・建・家具デザイナーとして活躍し、20世紀を代表する世界3大巨 建築家としても有名です。 地元美術学 で懐中時計の彫金工になるために学び、1907年にコルビュジェの才能を見い した 長のシャルル・レプラトゥニエの勧めで建築家のルネ・シャパラと共に最初の住宅の設計を手がけ、コルビジェの建築家としての第一歩が始まります。1925年にパリ改 計画案を発表し多くの設計分野でも名が広く、2006年、コルビジェにより設計され1960年に着工されたサン・ピエール教会 が46年のときを経て開かれ、コルビジェ建築は、ユネスコの世界遺産に登録しようという動きがフランスを中心に起こっています。

Home > hiroの毎日奮闘記 > ル・コルビジェ LC1

プロフィール
Profile ニックネーム:hiro
性別:男性
誕生日:1979年8月3日
血液型:A型
出身地:大阪
E-Mail:info@stylish-furniture.jp

Page Top