Home > hiroの毎日奮闘記 > イサ ・ノグチ

イサ ・ノグチ





コーヒーテーブル
メーカー希望価 ¥136,500(税込み)
↓  ↓  ↓
店 販売価 ¥75,000(税込み)

サイズ
幅1250mm 奥行き900mm 高さ400mm

材質
○天板
19ミリ厚強化ガラス

○脚部
アッシュ材

○色柄
アッシュブラック/アッシュライト/アッシュウォール

※写真はアッシュブラックになっております。
※大阪府内配達、設置料無料!!
※メーカーの在庫が 品状態の 合、次の入荷待ちとなります。
イサ ・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。
ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。
強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという擬ったデザインをしています。
天板の曲線と脚部の 形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。
当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。
天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。
なぜか、どんなインテリアにも合わせられる存在感と、高い質感に満足できる製品です。


Isamu Noguchi イサ ・ノグチ
1904〜1988

アメリカ、ロサンゼルス生まれ。少年時代を父の国日本で過ごした後、渡米。コロンビア大学で医学を専攻する一方、レオナルド・ダ・ビンチ美術学 で彫刻を学び、奨学金でパリに渡ってからは1927年に抽象彫刻家のコンスタンチン・ブランクーシの弟子になります。彼の作品の源は東洋と西洋、古代と現代、実践と理想、社会と個人など対立する概念のもたらす緊張感。石、木、紙、水、光などさまざまな天然 材を取り入れて、シンプルなフォル を情熱的に表現しました。1947年にはハーマン・ミラーのディレクターであったジョージ・ネルソンの依 でノグチ・テーブルを発表。1946年、MoMAの「14人のアメリカ人展」に出品。1951年に発表したAKARIシリーズはロングセラーを続けています。日本では岡本太郎、北大路魯山人、丹下健三、猪熊弦一郎、勅使河原蒼風などと交流。その作品は彫刻から家具、照明、公共スペースや庭園など多岐に渡り、「地球を彫刻した男」とも言われています。1985年、ニューヨークにイサ ・ノグチ・ガーデン・ミュージア 開設。日本では香川県のアトリエがイサ ・ノグチ庭園美術館として公開されています。

Home > hiroの毎日奮闘記 > イサ ・ノグチ

プロフィール
Profile ニックネーム:hiro
性別:男性
誕生日:1979年8月3日
血液型:A型
出身地:大阪
E-Mail:info@stylish-furniture.jp

Page Top